2008年11月25日

カップルの新しいコミュニケーション方法―向かい合って無言でPSPをやる

■無言でPSPをやり続けるカップル

以前とあるカフェで、若いカップルが向かい合わせに座りながら、お互いほとんど口をきかず黙々とPSPをやっていた。本当に時折、ゲームに関してちょこっと会話したかと思うとまた直ぐにゲームの世界に戻ってしまった。若い男女が向い合せになれば、何らかの会話を楽しむか、もしくはケンカしていてむっつり押し黙っているか、どちらかだと思っていた私は、少なからず衝撃を受けた。

これは中野収氏の名著『メディア人間』に登場した、バスに乗り合わせた学生が互いに会話することもなくウォークマンを聞くというあの「メディア人間的」なコミュニケーション形体なのではないか。

メディア人間―コミュニケーション革命の構造
メディア人間―コミュニケーション革命の構造

電子メディアが発達する以前は、コミュニケーションというものはFace to Faceのものがメインだった。(手紙などはあったが。)それが、電話、テレビ、ウォークマン、インターネットなどの発達により、メディアを媒介した新しいコミュニケーションが次々と誕生している。

それらのメディアを介したコミュニケーションを、一概に「Face to Faceより劣るもの」と決め付けることはできない。

例えば、ブログを介したコミュニケーションなどは、自分自身の趣味や価値観をFace to Faceの時よりも遥かに的確に伝えられるということもあるのではないか。実際に対面して、自分とはこういう人間ですと説明するよりも、自分のブログを相手に読んでもらった方が、遥かに自分という人間を理解してもらえるというケースもあるのではないか。

今回の対面状況でのゲームを介したコミュニケーションもそうだ。プレイしているソフトは確認できなかったが、例えば「モンスターハンター」であったとしたら、2人で強力して巨大モンスターを狩りに行く冒険をしていたかもしれないのだ。片方が剣を駆使して必死にモンスターと戦い、もう片方が傷ついた相方を魔法で回復させている。この無味乾燥な現実世界を離れて、2人で壮大な冒険の経験を共有していたかもしれないのだ。

電子メディアの発達は、従来のコミュニケーションの延長としては捉えきれない、質的な変化を確実にもたらしている。我々は、従来の「Face to Face」=正、「メディアコミュニケーション」=誤という単純な二項対立に陥ることなく、この新しいコミュニケーションを正確に分析していかなくてはならない。
posted by Tommy at 23:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。