2008年11月28日

【書評】ウェブサービスから見た日本社会―濱野智史『アーキテクチャの生態系』

アーキテクチャの生態系――情報環境はいかに設計されてきたか
アーキテクチャの生態系――情報環境はいかに設計されてきたか

濱野智史氏の『アーキテクチャの生態系』は、ニコニコ動画やmixiなど、現在ネット上で跋扈している数々のサービスを鋭く分析し、日本社会論にまで発展させるという意欲的な作品である。

版元はNTT出版、真っ白でシンプルな表紙に350ページを超える大部という装丁から、一見かなり難解な専門書のように見受けられるがそんなことはない。スマートな「ですます調」で、これでもかというくらいに懇切丁寧に、数多のウェブサービスの本質を説明してくれる。新しい概念の説明の後には必ず「つまり」と続き、簡明な言葉で要約が付されている。非常に親切で手堅い作りだと思った。

内容に関しては、ひたすら面白いの一言。私はよい論文というものは、読者の脳内に次々と知の発火現象を起こして、興奮を与えるものだと思っているが、本書はまさにそれである。Google、2ちゃんねる、mixi、ニコニコ動画、などこれまで個別バラバラだった知識が次々と頭の中でつなぎ合わさり、視界が開けた気分になった。

一例を挙げるとするならばやはりニコニコ動画の分析であろう。濱野氏はニコニコ動画のコメント機能に注目し、実際は、各ユーザーは別々の時間に視聴しているのにも関わらず、コメントを映像と同時に表示することによって、あたかも同じ時間に視聴しているような感覚を生み出しているという。

「ニコニコ動画は、動画の再生タイムラインという『共通の定規』を用いて、<主観的>な各ユーザーの動画視聴体験をシンクロナイズドさせることで、あたかも同じ『現在』を共有しているかのような錯覚をユーザーに与えることができるわけです。」(P.213)

濱野氏はこの現象を「疑似同期」と名付けている。この他にも本書には、「招待性型アーキテクチャ(mixi)」「操作ログ的リアリズム(恋空)」など、啓発に富む魅力的な概念が多数登場する。

そしてそれら多数の現象が、社会学者の北田暁大氏の言う「繋がりの社会性」という概念を共有していることを濱野氏は指摘する。「繋がりの社会性」とは、コミュニケーションの内容よりも繋がっているという事実事態を重視する日本人に特徴的な行為とされる。ここから、日本のウェブサービスに通底する日本社会の特性が浮かび上がってくるのである。

一点気になったことは、このように各国の文化と結び付き独自の進化を遂げている「アーキテクチャ」の背後に、果たして本当に「政治性」は含まれていないのかということだ。

「アーキテクチャ」とは、受けての行動を物理的に制御する「環境管理型権力」と説明される。例えば2ちゃんねるの場合は、最大投稿数制限などの制約により、ユーザーの行動は物理的に制御される。

濱野氏は、このようなアーキテクチャの「環境管理型権力」という性質を認めながらも、その背後に政治性のある権力は存在しないと言う。

「私たちがいま目の前に見ているウェブの生態系は、どれだけ目的合理的に進歩しているかのように見えたとしても、それはあくまで偶然の積み重ねによって生まれたものであり、しかもその進化の方向性は多様なものでありうるはずです。」(P.72)

濱野氏は最終章で、むしろアーキテクチャの持つ「環境管理型権力」を肯定的に捉え、社会を変えていくという構想を掲げている。それは「道具立て」を通じて社会を変えていくという、まさに「ハッキング」のイメージだと濱野氏は言う。

極めて実践的かつ楽観的で私も基本的には賛同したいのだが、それでもやはり「アーキテクチャ」の背後には楽観できない「権力」が潜んでいるのではないかと勘ぐってしまう。Googleに代表される、個人情報の監視やそれに基づいた広告戦略など、いわゆる「資本の論理」にはもっと注視をしなくてよいのか。このような点に関して、今後の濱野氏の論考に更に期待するのと同時に、私自身も自分なりに考えていきたいと思う。


【関連リンク】

濱野智史の「情報環境研究ノート」 | WIRED VISION
濱野智史の個人ウェブサイト@hatena
posted by Tommy at 13:27| Comment(0) | 本(社会学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。