2009年01月21日

「新しい責任の時代」とは―オバマ大統領就任



昨年11月の大統領選挙勝利演説の時に比べると、いささかインパクトには欠ける部分もあったが、(まあ、あの時は社会全体の期待と演説の内容が奇跡的に一致した素晴らしい出来事だったので仕方ないが)それでも米国と西側諸国に希望を与える良い演説だったと思う。

今がかつてない危機の時代であることを改めて認識し、アメリカは自信を喪失している。しかし、それでもアメリカは過去の偉大な功績を思い起こし、システムを再建し、この困難を解決できると力強く語った。

オバマ大統領は、今後始まる大規模な経済再生政策を嘲る「皮肉屋」達の不毛な議論に対しても反論を述べた。「政府が大きいか小さいかが重要なのではない。大切なのは機能する政府だ」「市場が良いのか悪いのかではない。市場は富をもたらす偉大なもの。しかし注意深く見ていないといけない」と、市場への「政府の介入」路線をはっきりと示した。

外交に関しては、イラクからの撤退、アフガニスタンの平和構築を掲げながらも、「テロは必ず打ち負かす」と強圧的な姿勢も示した。オバマ大統領が新たな対テロ戦争の指導者とならないことを願わずにはいられないくだりだった。

今回の演説の最大のキーワードと目されているのが「新たな責任の時代」だ。それは、未曾有の危機に挑戦するために、「米国民1人1人が自分たち自身、国、世界に対して責任を持つということ」だと言う。

この表現は、「国民の国家への奉仕を求める」表現として、ケネディと対象的な、極めて現代的な表現だと思った。ケネディは「国家が国民に何をするかではなく、国民が国家に何をするかだ」と演説したが、もし今の時代に同じ表現で語った場合、反感を持つ人も出てきたのではないか。これを「責任」という言葉で巧みに表現したオバマは、時代の空気を敏感に読む、卓越したセンスを持っているのではないか。

「新しい責任」とは、新自由主義が国民に強いる「自己責任」とは異質なものと理解して間違いないだろう。それは、経済や外交面における未曾有の困難に立ち向かうために、政府と国民が一致団結してその責務を果たすというものであり、決して人々を戦争へと誘うあの危険な愛国心とは異なるものであると信じたい。


posted by Tommy at 11:23| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。