2009年01月29日

悩み事を人に相談しても9割意味がない

物心ついた時から、私は自分の悩みを人に相談したという経験がほとんどない。

もともと、あまり自分のことを話さないタイプではあったが、それでも、仲のいい友達には、悩みのひとつやふたつくらい相談してもよさそうである。でもそれもしない。

いったい何でだろうと考えたとき、それはやはり「意味がない」からなのではないかと思った。

大学生の頃やっていたバイトの同僚で、同じように人に悩みを相談しても意味がないと考えているやつがいた。彼は、「人の悩みなんて実は当人の中ではもう答えが決まっていることがほとんどだ。だから悩みを相談された方は、当人がどっちに進みたいのか聞いて、その方向に背中を押してやればいいだけ」という考えの持ち主だった。

この「悩みの答えは当人の中にある」というのは、ある程度正しくて、その悩みが出てくるにいたった過程を全て経験しているのはこの世で当人ただ一人なのである。他の人がどれだけその過程を想像しようとも、当人ほど完全に経験することなど不可能だろう。あるいはこう言ってもいいかもしれない。悩みを一番深刻に考えているのは当人であり、周囲の人間がどれだけ真剣に考えても、当人の深刻さには及ばない。従って、悩みの答えを出せるのは結局当人がベストということになる。

それに実際、人に悩みを打ち明けた時の相手の反応というのも、まことに粗末なものではないか。友人に悩み事を相談した時の反応なんて、だいたい次のパターンのどれかに当てはまるだろう。

@とにかくポジティブになりなよ系

「悩んでたって仕方ないって!元気だしな!」
「お前だったら大丈夫だって。何とかなるよ!」

温かい励ましの言葉ではある。しかし、前向きになった所で解決されない問題というのも当然世の中にはたくさんあるし、そういう問題で悩んでいるときにこんな風に励まされても返って腹が立つだけだ。


A難しいよね〜系

「ん〜、難しいよね〜」

特に説明不要かもしれないが、多少なりとも込み入った問題を話すと条件反射的に「難しいよね〜」で済ましてしまう人が世間には少なからずいる。いや、というかかなりたくさんいる。


B私も昔そういうことあった系

「あ〜、私も昔そういうことあったよ。あの時は大変だったな・・・」

一見、過去の体験に照らして悩みに共感してくれる姿勢を示してはいるのだが、大抵はもう自分の話をすることがメインになってしまう。ひたすら話している内に何か別のトピックが出てきたら、瞬間的にそちらにシフトし、もう当人の悩みなどどこへやらだ。

もちろん、上記のパターンに当てはまることなく、真摯に悩みを聞いてくれる人も少なからずいる。しかし、そういう人でも、やはり悩んでいる当人ほど深刻に、我が事として考えられる人はまずいないのだ。

しかし、そうはいっても、人に悩みを相談することで何かしらのメリットを得られることもなくはない。

例えば、人に悩みを説明することで、悩んでいた事柄が整理されて、解消に近づく「物語効果」とか、あるいは語ること自体である程度鬱積していたものが発散される「カタルシス効果」とか。

でも、そういうのって、何だか相手を「道具」として使っているようで、私はあまり好きじゃない。自分の悩みを解決するために、正面に人を置いてモノローグを語るなんて、私はできない。

やっぱりどう考えていっても、人に悩みを話すことは無意味な気がしてならないのだが、最後に1点かなり重要なメリットを忘れていた。

それは「視野狭窄からの脱出」

ある問題で悩むと、当人はそのことで頭がいっぱいになってしまい、普段であればできるような様々な物の見方が制限されてしまうことがある。例えば、いじめ、過剰労働、多額の借金、失恋など、何か重大な問題を抱えたとは、そのことで視野が埋め尽くされてしまい、冷静に考えれば解決する手段はあるはずなのに、もう死のうと決意してしまったりする。視野狭窄は自殺へのパスポートのようなものだ。

そういう時、身近な人に相談すると、ぽ〜んと視界を開かせてくれるようなことを言ってくれる場合がある。未来は完全に真っ暗だったのに、いくらか何とかなりそうなイメージが湧いてくる。危ない、危ない、もうちょっと頑張ってみないとなと気を取り直す。そういう時は、人に相談することも必要なのだなあと思ったりもする。

結局、人に悩みを相談することは9割がた徒労に終わることが多いと思う。しかし、それでも、自分が視野狭窄に陥っているような深刻な悩みの時は、1割の望みにかけて、周囲の人に相談した方がいい。その人の何気ないひと言が自分の命を救ってくれるかもしれないのだから。
posted by Tommy at 00:41| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私のは相談しても意味がないことわかってても、相談してしまう人なのですが・・・この記事を読んだら、これからは相談なんて無駄なことしないで、自分でなんとかしよう!っていう前向きな気持ちになれました。ありがとうございます
Posted by minamu at 2012年02月08日 17:16
完全にこのブログを放置していました。コメントいただきありがとうございます。でも、やっぱり、視野狭窄にならないために、本当にしんどい時はひとに相談するのもいいと思います。
Posted by Tommy at 2012年03月08日 01:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。