2009年02月09日

大学生は就職する前から搾取されている。

昨年末頃から企業の「内定取り消し」が問題になっている。例年大学生の就職活動は早期化しているといわれており、一般企業への就職を考えている学生は4年間しかない大学生活の内、1年〜2年(場合によってはそれ以上)を就活に費やさなければいけない。就職情報サイトに登録し、マニュアル本を熟読し、筆記試験対策をし、リクルートスーツを着込み、就職セミナーに参加し、OB・OG訪問をし、エントリーシートを書き、何度も面接を受け、やっとの思いで内定を勝ち取って胸を撫で下ろしたのも束の間、企業の都合で一方的に取り消しを通告されるのだ。死ぬ気で受験勉強して合格した大学から合格を取り消されるのより、もっとひどい。学生が失意のどん底に叩き落されるのも無理はない。

もともと、今回の様な世界的な経済不況でなくても、「就活」は学生を振り回す悪しき慣習だ。受験では客観的な基準のある「学力試験」で選抜でされていたのに対し、「就活」では客観的な基準のない極めて主観性の高い要素で選抜される。自己PR、志望動機、熱意、コミュニケーション力、問題解決力など、客観的な判断基準を設けることが困難な多様な要素で選抜される。これらの要素は「学力」と違い、本人のアイデンティティーと密接に関わっているということもあり、面接で落とされた時の学生のショックは計り知れない。面接官から全人格を否定されたような気持ちになり、自信を失ってしまうこともしばしばある。

大学生は言わば「就職する前から搾取されている」のである。

「就活」のこの悪しき状況を赤裸々に暴露したのが、石渡嶺司・大沢仁『就活のバカヤロー』だ。
就活のバカヤロー (光文社新書)
就活のバカヤロー (光文社新書)

本書は、「就活」を巡る「学生」「大学」「企業」「就職情報会社」、4者それぞれの内幕を暴き、「就活」というものがいかに「皆が踊らされている悲しい茶番劇」であるかを告発している。中でも「就職情報会社」の項は、類書にはあまり見られない内容で、リクルートや毎日コミュニケーションズの様な企業が「就活」を背後で牛耳り、「マッチポンプ式」に利益を上げているカラクリが暴露されている。しかし、著者はそのような就職情報会社でさえ、企業の採用市場に流されざるを得ない弱い立場でもあり、「踊らされる」状況であることに変わりはないという。

「皆が踊らされている茶番劇」は、世界的な不況のせいで「皆が嘆き苦しむ悲劇」に変わってしまったのではないか。企業にも就職情報会社にも頼ることができないのだから、頼みの綱は「国」なのにその国も周知の通り甚だ心もとない。このような苦難の時期にこそ、本当に頼れるのは家族、親族、地域のような「ゲマインシャフト」なのかもしれない。かつて就職情報会社が隆盛する前は、就職経路のトップは「縁故」が占めていた。親の仕事を継ぐとか、親戚が勤めている会社に入るとか、共同体に頼った「就活」が当たり前だったのだ。共同体が崩壊し個人化が進行しきってしまっている今、共同体に頼るのも難しいのかもしれない。しかし、苦難の時期にこそ、離れていた家族、親族、友人などと再度手を取り合い、共に乗り越えていくことが必要なのではないか。

posted by Tommy at 09:50| Comment(0) | 本(社会学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。