2009年06月26日

ネトゲ廃人について考える。

<ネトゲ廃人>【1】バーチャルに生き、現実世界で生きられない人、増える

「寝食も忘れてインターネットのゲームにのめりこみ、学校や職場に行けなくなる人たちが現れ始めた。現実で生きることを放棄した彼らは、「ネトゲ廃人」と呼ばれる。廃人がひしめくバーチャルな世界で、何が起きているのか。」(毎日jp)

RPGはそれなりに好きな私だが、オンラインでやることにはなぜか全く魅力を感じないので、ネットゲームというものは今まで一度もプレイしたことがない。私の場合、RPGの世界の中でくらい一人にしてくれという思いが強い。だから、人とのコミュニケーションが発生するオンラインゲームを煩わしく感じるのだろう。

しかし、ネットゲームが好きな人たちは、ゲームの中とはいえコミュニケーションを求めているように思える。RPGは絶対一人がいいという私のようなタイプに比べれば、よほど社交的なのではないか。なんて考えていたのだが、事態はそう単純ではないようだ。ここでは、ネットゲームにハマる人たちを「オンライン型」、スタンドアロンにこだわる人たちを「オフライン型」と分けて考察してみよう。

「オンライン型」であれ、「オフライン型」であれ、RPGが好きな人たちは多かれ少なかれ「現実逃避」の欲求を持っている。仕事がうまくいかないサラリーマンが、現実を忘れるために深夜遅くまでドラクエをやる様などをイメージすると分かりやすい。しかし、両者は同じ現実逃避でもその質はかなり異なる。

「オフライン型」は日常生活において「対面的コミュニケーション」が過多、あるいはある程度充足されており、RPGの世界ではそのような煩わしい世界から逃れたいと考えている。それに対し、「オンライン型」は日常生活において、「対面的コミュニケーション」が皆無、あるいは不足している状態で、そのような孤独な現実から逃れようとしているのだ。あるいは別の言い方をすれば、前者は「存在の重さ」からの逃避、後者は「存在の軽さ」からの逃避を求めているとも言えるかもしれない。

両者とも度を越してしまうと深刻な問題になるが、「オンライン型」の方がより危険なように思える。というのも、「オンライン型」は「人とのコミュニケーション」という人間本来に備わっていると思われる欲求がある程度満たされてしまうからである。そのような欲求が満たされてしまうと、人はオンラインゲーム内だけで自己完結してしまい、世界を閉じてしまうのである。しかし、言うまでもなく、多くのメディア論が指摘しているように、ネット空間のコミュニケーションとは現実世界のコミュニケーションは質的に異なる。その質的な違いがいったいプレイヤーにどのような影響を与えるのだろうか…。

また、引用記事の連載3では、オンラインゲーム会社側が、プレイヤーの中毒化の責任を取っていない問題が挙げられている。ゲーム中毒の原因をプレイヤーだけでなく、そのような中毒を生み出すようにゲームを設計しているメーカーにまで求めるというのは、今までにない傾向なのではないか。

オンラインゲームは、プレイヤーのコミュニケーション欲求をある程度充足させ、また次々と強い敵キャラや新しいステージを出現させることで、エンドレスにプレイヤーを仮想世界に動員しようと企てる。オンラインゲームはこのような深刻な問題性を孕んだ現代社会特有のメディアだ。それゆえに、今後学問的にももっと研究される必要があるだろう。
posted by Tommy at 00:02| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。