2009年07月02日

【book】『ベルカ、吠えないのか?』

■速射砲のような文体で駆け抜ける、イヌたちの数奇な歴史

ベルカ、吠えないのか? (文春文庫)
古川 日出男
4167717727


単行本は2005年4月刊。文庫版には文庫版あとがきとイヌ系図を収録。私は文庫版で初めてこの本を手に取ったのだが、最初のこのイヌ系図を見て「何じゃこりゃ」と思った。日本、アメリカ、ソビエト、中国という4国を股にかけた何世代ものイヌたちの大仰な系図が載っているのだ。タイトルと表紙からイヌの話であることはもちろん予測していたが、まさか本当にイヌ達を主人公にこれだけ壮大な叙事詩を展開するというのか?

実際に読んでみると、まず著者独自の疾走感のある文体に目を奪われる。無駄をいっさい省いた簡潔な文章が速射砲の用に連打されていく。ひたすら一文を長くだらだらと書いていく保坂和志のようなスタイルとは対極的だ。例えば、序盤に登場する北海道犬の「北」が軍用犬の本能を目覚めさせるシーン。北は第二次大戦中に日本軍の軍用犬として任務を果たしたが、その後数奇な運命を経て、アラスカで犬橇競技用のイヌとして才能を発揮する。極寒の地、アラスカでその事件は起こる。

「二月十七日、事件は起きる。その地域で、雪は深い。唐突に、橇が転倒した。イヌたちが悲鳴をあげた。恐ろしいものが現れた。豪雪ゆえの飢餓状態に陥ったヘラジカが、有無を言わさずにイヌたちに踊りかかっていた。横手から、ハーネスに縛られたイヌたちに。ヘラジカは雌で、体重は七七〇キロを越えていた。極限まで飢えて、好戦的になり、野獣だった。リーダー犬が殺され、さらに二頭が殺された。この瞬間、ふたたび北の内部でスイッチが、かちり、と入る。がちり、と押し込まれる。他のイヌたちが逃げ惑うなか、北は目覚めた」(P.49)

映画のワンシーンのような、鳥肌が立ってしまうようなくだりだ。簡潔な文章が連なってはいるのだが、決して大衆迎合的なエンターテイメント作品のような、口当たりがいい文章というわけではない。著者の個性が噴出しているがゆえの、慣れるまで少し時間のかかる、ある種の純文学的な読みにくさのような要素もきちんと含まれている。このような文体は本作のようにアクションシーンの多い作品にこそうってつけなのだろうが、例えばこの文体で普通の恋愛ものなどを書いたらいったいどうなるのだろうか?『LOVE』など、著者の他の作品にも興味が持たれる。

さて、肝心の物語はというと、第二次大戦から冷戦終結までの人間たちの歴史の影で展開されたイヌたちの壮大な叙事詩である。イヌたちは、愚かな人間から、軍用犬、競技犬、ブリーダー犬、テロリストの殺人犬などさまざまな役目負わされる。中盤くらいでタイトルの意味とクライマックスの雰囲気もだいたい予見することができたので、それほどストーリー自体に革新性があるわけではない。しかし、それがまた「エンタテイメントと純文学の幸福なハイブリッド」と言われるゆえんなのかもしれない。(純文学にとっては必ずしもストーリーの革新性は必要ないから)

イヌという、この人類にとって最大のパートナーは、愚かな人間たちの手によって、いかに運命を翻弄されてきたのか。イヌたちは残酷な現実を前にしてどうすることもできない。そして、イヌたちは吠えることをやめて、沈黙するのだ…。

テクノラティプロフィール
posted by Tommy at 09:03| Comment(0) | 本(文学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。