2009年07月08日

破壊ではなく破綻―『エヴァンゲリヲン新劇場版:破』

■「破壊」ではなく「破綻」してしまった失敗作

面白いことは面白いのだが、この激しい違和感はいったい何なのだろう?前作の「序」があまりにも素晴らしかっただけに、今作への期待もひときわだったのだが、肩透かしを食わされた印象だった。CGを駆使した使徒戦や第三新東京都市の描写は、確かに美麗で迫力がある。しかし、肝心のキャラクターやストーリーの方に目を向けると、疑問符だらけ、違和感だかけの作品だった。

まず、新キャラクターの「マリ」。公開前から本作のプロモーションの一翼を担わされていたマリは、オープニングで印象的な登場をしてそれなりに活躍するのだが、その後は物語の合間にちょこちょこ登場するくらいで観終わった後、「彼女の役目はいったい何だったのか?」という疑問が残る。終盤に唐突に弐号機に搭乗したりするが、それも「無理やりそうした感」が強い。要するに、「後付けで新キャラクターを拵えて取ってつけただけ」というような、浮いたような印象がどうしても残るのである。

次に「アスカ」。公開直後に映画館でスクリーンが切り裂かれるという、ちょっとした事件が起きたくらい、確かに本作のアスカは変わり果ててしまっているように思える。登場シーンからしてテレビ版から変更されているのだが、その時からやたらと「あんたバカ?」を連発する。これにも激しく違和感を感じてしまった。「あんたバカ?」と言わせておけば、「アスカ的」な雰囲気のあるキャラクターになるとでも思っているのだろうか。それに終盤では思わぬ展開で、物語から一旦退場する。この件にも違和感が残った。

総じて本作は、テレビ版のストーリーを破壊しようとして破綻してしまった失敗作と言えるのではないか。テレビ版とまったく違うオープニングで期待させておきながら、徐々に今度はテレビ版をなぞるような展開になっていき、変えたいのか変えたくないのか中途半端な展開になっている。新キャラのマリはストーリーの中で何ら重要な役目を担っておらず、他のキャラクターと有機的なつながりが全く見られない。アスカはアスカで、マリから終盤で弐号機に乗る役目を奪われてしまい、こちらも中途半端な役回りになってしまっている。

「序」が、テレビ版を踏襲しつつも映像をグレードアップさせて新解釈を加えた「リビルド」と呼ばれた傑作であったのに対し、本作はテレビ版から離陸しようとしたが失敗して墜落してしまった中途半端な失敗作である。本作を肯定的に評価している人は、アスカの新セリフや、グレードアップした使徒戦に「動物的」に過剰反応しているだけなのではないか。

追記(2010年2月6日)

ムルフさんのご指摘通り、「公開直後に映画館でスクリーンが切り裂かれる」という事件は虚構新聞のネタだったようです。教えていただき有難うございました。
posted by Tommy at 12:43| Comment(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
公開直後に映画館でスクリーンが切り裂かれる

というのは虚構新聞の記事なので
ジョークなのではないでしょうか
一瞬事実だと考えてしまったので
訂正が必要ではないでしょうか
Posted by ムルフ at 2009年12月08日 04:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。