2009年02月18日

社会学だけが捉えられるリアリティー 内田隆三『社会学を学ぶ』

社会学を学ぶ (ちくま新書)
内田 隆三
4480062270


2005年4月1日初版。入門書だと思って読むと面食らう読み応えのある内容。著者自身の研究遍歴を通して語られる、理論社会学史とでも呼べば、それほど的外れではないだろう。そこで追求されるのは「社会とは何か」という本質的な問いである。専門用語も頻出し、決して読みやすい本ではないが、一読すれば社会学がいったい何を解明しようとしているのかを、実感を伴って理解することができるだろう。

「社会」とはまことに曖昧な、捉えどころのない言葉である。小学校の教科書などには、よく東京駅前の横断歩道を渡る人たちの写真を載せて、「私たちの社会」と書いていたりする。しかし、いうまでもなく「社会」は駅前のサラリーマン達だけを指すわけではない。社会とは実体として存在するものではなく、人と人との関係の中から生起するある種の「現象」である。そして我々は自分たちで生み出した「現象」の中に同時に含まれてもいるのである。

本書の第一章で紹介されるデュルケムの『自殺論』は社会学の古典中の古典である。私も大学1年生の時に中公文庫版で読んだ。自殺という極めて個人的な行為ですら、社会によって規定されているということを実証的に示した衝撃的な本だ。著者はデュルケムとの出会いを通して、次のような考えに至ることになる。

「私のもっとも根源的な投企であるはずの自殺という行為――それは主体的な意志がなければ不可能に見える行為である。主体性の極地であるような行為の、まさにその核心において、社会のありようという見えない力がはたらいており、結果として、また全体として、一定の規則性が貫いているのだとすれば、それは怖ろしいことに思えた。(中略)この力の構造を把握し、一定の方法で操作し、制御することが可能だとしたら、社会学は魅力的だが、何か怖ろしい学問だというべきだろう」(P.47)

この認識は、私が学生時代に抱いたものとほぼ完全に重なる。学生時代に自分のアイデンティティーについて真剣に悩むことは誰もが経験することだろう。特異だと思っていた自分が、実は極めて平凡な存在でしかなかったことを知ったときのあの失望感。私はそのような失望を味わった時に、つまり自分のような人間が世の中に大量にいると知ったときに、一人ではないんだという安心感よりもむしろ、自分が何か大きな目に見えない力によって拘束されているような恐怖を感じたのだ。

社会的動物である人間が社会から自由になることは論理的に不可能だ。しかし、何も知らずにただ社会に拘束されて生きるのと、社会が個人の生を規定する構造を把握し、その手の内を知った上で生きるのとでは、天と地の差がある。この時私が達した結論は「人間は知ることでしか自由になれない」という当たり前の事実だった。どちらの生き方が倫理的に良いとは一概には言い切れない。しかし私は、知ること、そして探求し続けること、そういうスタンスの方が「好き」だったからそれ選んだ、それだけのことなのだ。

本書は、著者や私と同じような悩みを持ったことのある人にはぜひ紐解いていただきたい良書だ。そこには、哲学にも、心理学にも、生物学にも、脳科学にも還元できない、社会学だけが光を当てることができるリアリティーが存在しているのである。

posted by Tommy at 11:09| Comment(1) | 本(社会学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

大学生は就職する前から搾取されている。

昨年末頃から企業の「内定取り消し」が問題になっている。例年大学生の就職活動は早期化しているといわれており、一般企業への就職を考えている学生は4年間しかない大学生活の内、1年〜2年(場合によってはそれ以上)を就活に費やさなければいけない。就職情報サイトに登録し、マニュアル本を熟読し、筆記試験対策をし、リクルートスーツを着込み、就職セミナーに参加し、OB・OG訪問をし、エントリーシートを書き、何度も面接を受け、やっとの思いで内定を勝ち取って胸を撫で下ろしたのも束の間、企業の都合で一方的に取り消しを通告されるのだ。死ぬ気で受験勉強して合格した大学から合格を取り消されるのより、もっとひどい。学生が失意のどん底に叩き落されるのも無理はない。

もともと、今回の様な世界的な経済不況でなくても、「就活」は学生を振り回す悪しき慣習だ。受験では客観的な基準のある「学力試験」で選抜でされていたのに対し、「就活」では客観的な基準のない極めて主観性の高い要素で選抜される。自己PR、志望動機、熱意、コミュニケーション力、問題解決力など、客観的な判断基準を設けることが困難な多様な要素で選抜される。これらの要素は「学力」と違い、本人のアイデンティティーと密接に関わっているということもあり、面接で落とされた時の学生のショックは計り知れない。面接官から全人格を否定されたような気持ちになり、自信を失ってしまうこともしばしばある。

大学生は言わば「就職する前から搾取されている」のである。

「就活」のこの悪しき状況を赤裸々に暴露したのが、石渡嶺司・大沢仁『就活のバカヤロー』だ。
就活のバカヤロー (光文社新書)
就活のバカヤロー (光文社新書)

本書は、「就活」を巡る「学生」「大学」「企業」「就職情報会社」、4者それぞれの内幕を暴き、「就活」というものがいかに「皆が踊らされている悲しい茶番劇」であるかを告発している。中でも「就職情報会社」の項は、類書にはあまり見られない内容で、リクルートや毎日コミュニケーションズの様な企業が「就活」を背後で牛耳り、「マッチポンプ式」に利益を上げているカラクリが暴露されている。しかし、著者はそのような就職情報会社でさえ、企業の採用市場に流されざるを得ない弱い立場でもあり、「踊らされる」状況であることに変わりはないという。

「皆が踊らされている茶番劇」は、世界的な不況のせいで「皆が嘆き苦しむ悲劇」に変わってしまったのではないか。企業にも就職情報会社にも頼ることができないのだから、頼みの綱は「国」なのにその国も周知の通り甚だ心もとない。このような苦難の時期にこそ、本当に頼れるのは家族、親族、地域のような「ゲマインシャフト」なのかもしれない。かつて就職情報会社が隆盛する前は、就職経路のトップは「縁故」が占めていた。親の仕事を継ぐとか、親戚が勤めている会社に入るとか、共同体に頼った「就活」が当たり前だったのだ。共同体が崩壊し個人化が進行しきってしまっている今、共同体に頼るのも難しいのかもしれない。しかし、苦難の時期にこそ、離れていた家族、親族、友人などと再度手を取り合い、共に乗り越えていくことが必要なのではないか。

posted by Tommy at 09:50| Comment(0) | 本(社会学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

【書評】ウェブサービスから見た日本社会―濱野智史『アーキテクチャの生態系』

アーキテクチャの生態系――情報環境はいかに設計されてきたか
アーキテクチャの生態系――情報環境はいかに設計されてきたか

濱野智史氏の『アーキテクチャの生態系』は、ニコニコ動画やmixiなど、現在ネット上で跋扈している数々のサービスを鋭く分析し、日本社会論にまで発展させるという意欲的な作品である。

版元はNTT出版、真っ白でシンプルな表紙に350ページを超える大部という装丁から、一見かなり難解な専門書のように見受けられるがそんなことはない。スマートな「ですます調」で、これでもかというくらいに懇切丁寧に、数多のウェブサービスの本質を説明してくれる。新しい概念の説明の後には必ず「つまり」と続き、簡明な言葉で要約が付されている。非常に親切で手堅い作りだと思った。

内容に関しては、ひたすら面白いの一言。私はよい論文というものは、読者の脳内に次々と知の発火現象を起こして、興奮を与えるものだと思っているが、本書はまさにそれである。Google、2ちゃんねる、mixi、ニコニコ動画、などこれまで個別バラバラだった知識が次々と頭の中でつなぎ合わさり、視界が開けた気分になった。

一例を挙げるとするならばやはりニコニコ動画の分析であろう。濱野氏はニコニコ動画のコメント機能に注目し、実際は、各ユーザーは別々の時間に視聴しているのにも関わらず、コメントを映像と同時に表示することによって、あたかも同じ時間に視聴しているような感覚を生み出しているという。

「ニコニコ動画は、動画の再生タイムラインという『共通の定規』を用いて、<主観的>な各ユーザーの動画視聴体験をシンクロナイズドさせることで、あたかも同じ『現在』を共有しているかのような錯覚をユーザーに与えることができるわけです。」(P.213)

濱野氏はこの現象を「疑似同期」と名付けている。この他にも本書には、「招待性型アーキテクチャ(mixi)」「操作ログ的リアリズム(恋空)」など、啓発に富む魅力的な概念が多数登場する。

そしてそれら多数の現象が、社会学者の北田暁大氏の言う「繋がりの社会性」という概念を共有していることを濱野氏は指摘する。「繋がりの社会性」とは、コミュニケーションの内容よりも繋がっているという事実事態を重視する日本人に特徴的な行為とされる。ここから、日本のウェブサービスに通底する日本社会の特性が浮かび上がってくるのである。

一点気になったことは、このように各国の文化と結び付き独自の進化を遂げている「アーキテクチャ」の背後に、果たして本当に「政治性」は含まれていないのかということだ。

「アーキテクチャ」とは、受けての行動を物理的に制御する「環境管理型権力」と説明される。例えば2ちゃんねるの場合は、最大投稿数制限などの制約により、ユーザーの行動は物理的に制御される。

濱野氏は、このようなアーキテクチャの「環境管理型権力」という性質を認めながらも、その背後に政治性のある権力は存在しないと言う。

「私たちがいま目の前に見ているウェブの生態系は、どれだけ目的合理的に進歩しているかのように見えたとしても、それはあくまで偶然の積み重ねによって生まれたものであり、しかもその進化の方向性は多様なものでありうるはずです。」(P.72)

濱野氏は最終章で、むしろアーキテクチャの持つ「環境管理型権力」を肯定的に捉え、社会を変えていくという構想を掲げている。それは「道具立て」を通じて社会を変えていくという、まさに「ハッキング」のイメージだと濱野氏は言う。

極めて実践的かつ楽観的で私も基本的には賛同したいのだが、それでもやはり「アーキテクチャ」の背後には楽観できない「権力」が潜んでいるのではないかと勘ぐってしまう。Googleに代表される、個人情報の監視やそれに基づいた広告戦略など、いわゆる「資本の論理」にはもっと注視をしなくてよいのか。このような点に関して、今後の濱野氏の論考に更に期待するのと同時に、私自身も自分なりに考えていきたいと思う。


【関連リンク】

濱野智史の「情報環境研究ノート」 | WIRED VISION
濱野智史の個人ウェブサイト@hatena
posted by Tommy at 13:27| Comment(0) | 本(社会学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

【新刊ニュース】ハーバード大教授による要注目の若者論―『失われた場を探して ロストジェネレーションの社会学』

ニート論などでお馴染みの玄田有史さんのブログでとても興味深い本が紹介されていた。

12月3日夜7時青山で会いましょう。(ゲンダラヂオ)

『失われた場を探して ロストジェネレーションの社会学』
 メアリー・C・ブリントン 著
 池村千秋 訳
 玄田有史 解説
 発売日:2008.11.28

ハーヴァード大の著者が、日本で出版することを前提に書き下ろしたという珍しい形式の若者論。

以下NTT出版のホームページより引用。

「本書は、ハーヴァード大学の社会学者が、独自の聞き取り調査と緻密なデータ分析に基づき、ロストジェネレーションを生み出した原因を1990年代の経済・社会の状況にさかのぼって読み解く画期的な書。」NTT出版紹介記事より)

日本の若者論は、つい最近も『お前が若者を語るな!』などが物議を醸し出すなど、割とデリケートな問題だ。

『お前が若者を語るな!』では、日本の数ある若者論が実証性のない印象論だと批判されていたが、本書は緻密なデータ分析に基づく実証研究のようなので、その心配もないだろう。

注目すべきは、やはりハーヴァード大の社会学者である著者が、外国人という立場で日本の若者を語るという斬新さにある。

日本人の年配の学者が若者を語ると自らも同じ社会に属しているためどうしても「今どきの若者は」的な論調になってしまう。しかし、外国人の著者であれば同じ社会に属していない分、より客観的かつ独自性の高い知見を与えてくれそうだ。

発売されたら即購入したいと思う。
posted by Tommy at 22:09| Comment(0) | 本(社会学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

【書評】学問の対立―後藤和智『おまえが若者を語るな!』

おまえが若者を語るな! (角川oneテーマ21 C 154)
おまえが若者を語るな! (角川oneテーマ21 C 154)

先日の早稲田文学シンポジウムでも話題になっていた問題の作品。

本屋での立ち読みとネットの情報で概要は把握していたが、今回買ってきちんと読んでみることにした。

概要はamazon等を参照いただくとして、感想を述べていきたい。

まず一読して、よくここまでキツイ言葉で各界の論者を批判できたなと。
そのことにまず驚いた。

恐らく著者の後藤氏は、都市・建築学専攻の大学院生とのことなので、論壇を敵にまわしても、自らの将来には無関係だからこそできた所業なのだろう。これはこれでスゴイ。

■「根拠がない」一辺倒の空しさ

本作において、著者の主張は終始一貫している。宮台真司、香山リカ、東浩紀などの若者論者(彼の定義)は、「データによる実証性」がない思いつきの論を展開していて、それが返って社会に悪影響を与えているというものだ。

まずここで問題なのは、社会というものを統計データだけで把握できるのかということだ。社会というのは、自然現象と異なり、内面を持った複数の人間が相互行為することによって生まれる複雑な現象なのだ。

そのような複雑なリアリティを把握するためには、どうしても「解釈」という内面的な行いが必要になる。著者はそれを「自分の身の回りで起きた事例のみ取り上げている恣意的なもの」と批判するが、それでは、研究者が経験に基づいて考えることすら否定することになってしまう。

また、「データによる実証性がない」と主張しているにも関わらず、そういう著者の批判自体の「データによる実証性」はほとんどなかった。いくつか統計データは参照しているようだが、図表という形式で示しているのはなんとP.19とP.144の2か所だけだ。

要するに、著者は若者論者たちの著作の中から、それだけ抜き出すとさも頭の固い老人の意見のように思える箇所だけを抜き出し、「根拠がない」と叫んでいるだけなのである。

データがないと批判しておきながら、著者自身の「若者論が日本を生きづらい世の中にした」という主張にも、データによる実証性は全くなかったのだ。

私としては、「根拠がない」というだけでなく、「データに基づいてこういうリアリティが証明されるから、若者論は実証的に間違っている」というような意見を展開してほしかった。

■学問の対立

しかし、その一方で、著者がデュルケムやブルデューなど、統計的実証に基づく社会学の功績は正当に評価しているのには好感を持った。著者は社会学全体を批判しているのではなく、あくまでデータに基づいていない若者論のみを俗流として批判しているのだ。

私自身は、上記の通り、経験に基づく解釈でしか捉えられないリアリティもあるという立場を取っている。しかし、若者論者が展開した解釈に本当に飛躍がなかったかと言われると、必ずしもそうとはいえない。

結局この問題は、「科学とは何か」「学問とは何か」という根本的な問いに行きつくように思える。

人文社会科学と自然科学の間には深い川が流れている。歴史的に見ると、人文社会科学と自然科学は常に互いに問い直しをし合うことで発展してきた。

恣意的な解釈にいかに科学的根拠を持たせるのかという人文社会科学への問い。暴走する科学の発展は社会倫理にどのような影響を与えるのかという自然科学への問い。

今回若者論をテーマに自然科学の論者が放ったカウンターパンチを受けて、人文・社会科学の論者はどう反論するのか。書籍や雑誌での明確な発言はまだ見られない。


★人気ブログランキングに参加しています。
★よろしければクリックお願いいたします。

人気ブログランキングへ
posted by Tommy at 12:10| Comment(0) | 本(社会学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。