2008年11月24日

池田信夫氏の「『意味づけ』の病」エントリを批判する

■飛躍した批判

前回の記事で私は、元厚生事務次官夫妻殺害事件の過剰報道を批判する池田信夫氏の意見に賛同したが、今回のはちょっといただけないと思った。

★「意味づけ」の病(池田信夫blog)
「元厚生事務次官殺害事件は、やはり頭のおかしい男の場当たり的な殺人のようだ。ワイドショーでは朝から晩まで、いろんなコメンテーターがこの事件の「意味」を解説しているが、それは無駄である。「犬の仇討ち」というシュールな動機も、本当かどうかはわからない。むしろ統合失調症のような疾患を疑ったほうがいいだろう。」

「過剰報道」という「量」の問題を、「意味づけ」という「質」の問題まで飛躍させてしまっていて、一転して暴論になってしまっている。

entryでは、マスメディアの過剰な意味付けだけでなく、あろうことか、わざわざ秋葉原事件に関する社会学者らの論考集まで吊るしあげて「読んではいけない」と批判している。

犯罪に過剰な意味付けをすべきでないという池田氏は、今回の犯人を「統合失調症患者」で片づけてしまおうとしている。entryではオウム事件にも触れられていて、「集団的な精神病」という一言で片づけてしまっている。

これは明らかに暴論だ。

私に言わせれば、池田氏のように犯罪者を「精神異常者」の一言で処理してしまうのは、あまりに事態を短絡的に捉え過ぎているだけでなく、精神病患者へ「異常者」というレッテルを貼りつけ排除する事態にも繋がる危険な考えだ。

■社会的意味づけの意味

では逆に犯罪に対して意味付けを行うことは正しいことなのだろうか。

これに関しては非常に複雑かつ込み入ったテーマなので、とても1entryでは考えつくせないので、素描だけ述べておく。

犯罪者に意味付けをすることは「諸刃の刃」である。

犯罪者の動機を深く分析し社会的な意味を考察することは、人々に「自分自身も犯罪者に通じる部分があるのかもしれない」という自省させる、いわば啓発的な効果が期待できるのだ。

その一方で、犯罪者の動機分析は逆に、ある特定の人物に対しては「自分と同じ思いを持った人間がいた」という刺激を与えてしまい、類似事件を発生させる引き金になってしまう危険もある。

しかし、それでも私は、犯罪者の社会的な意味を考えることは無駄ではないと信じている。そこには、犯罪者を単純に「きちがい」とか「異常者」として片付けることでは見えてこないリアルが存在しているはずなのだ。

そして、もしそのようなリアルが存在しないのだとしたら、私たちは社会をより良いものに変えていくための一切の契機を持たないことになってしまう。常に一定の割合で「異常者」が発生することを仕方ないものとして怯え続ける社会など誰が望むだろうか。

犯罪の社会的な意味を考えることは、自分自身に引きつけてその問題を考えるということだ。それを生かすか殺すかは我々一人一人の「自分自身と向き合う強さ」―それは村上春樹の言う「タフさ」に近いものかもしれない―にかかっている。
posted by Tommy at 23:59| Comment(0) | ウェブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

人文社会科学を侮辱するのはもうやめよう

■またしても敬意ない発言

はてなブックマークでとんでもないエントリを見つけた。

■作家は人生経験ないバカなの。死ぬなの?

この記事を書いた人は、フィクションというものに何の価値も置いていないようだ。こういう人と、私(というか大半の人)のようにフィクションに価値を置いている人は、そもそも議論ができない。

トラックバックにも書かれていたが、この文章にはある種の「悪意」のようなものを感じた。以前記事にも書いた『お前が若者を語るな!』を読んだ時に感じたような、「人文社会科学への敬意のなさ」のようなものを。

私は根っから文系の人間だが、自然科学に対してこういう発言をしようとは全く思わない。なぜなら、自然科学の歴史と今受けている恩恵に敬意を払っているからだ。

■はてな匿名ダイアリーの恐ろしい可能性

それにしても、この「はてな匿名ダイアリー」というのは、何というか、凄まじいサービスだなと思う。匿名なだけに何を言おうとほぼ自由だし、2ちゃんねるよりもまとまった内容を、特定のスレに限定されることなく発信できる。

今回の記事には幻滅だったが、このサービスには何か得体の知れない可能性を感じた。

このサービスは、はてなブックマークと直結しているだけに、ある記事がホットエントリになれば、瞬時に大量のユーザーの目に触れることになる。

そのエントリは、読む人の感動を誘うものもあれば、人々を底の見えない闇の中に引きずり込むものもあるかもしれない。匿名であるがゆえに、いかなる配慮も欠いた、剥き出しの恐ろしい言葉が書かれるかもしれないのだ。そういう言葉の破壊力は計りしれない。

しかし、だからこそトラックバックとか、ブックマークのコメント機能があるのだと思う。これらの機能があるからこそ、読者は、他の読者の反論などにも触れ、エントリに書かれた言葉を相対化して距離を取ることができるのだ。

これがもし、トラックバックもコメント機能もなかったら…?

そのような状態で、例えば「人間は自殺すべきだという理由を誰が読んでも納得するくらい論理的に証明したような記事」がホットエントリになんてなっていたりしたら…?

そんな状況を想像すると、やはり怖くなってしまう。




★人気ブログランキングに参加しています。
★よろしければクリックお願いいたします。

人気ブログランキングへ



posted by Tommy at 22:48| Comment(0) | ウェブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

ついにメール内容まで解析!?―Gmail実験機能

■Gmail実験機能「Mail Googles」

★Yahooニュース―「メール送信後に後悔」を未然に防止、Gmailが実験機能

米Googleは6日、Webメールサービス「Gmail」において、送ってから後悔するようなメールの送信を未然に防ぐ機能「Mail Goggles」の提供を開始した。一目惚れした女性に告白したり、昔の彼女に復縁を求めたりと、勢いに任せて送信した後に後悔することを防げるとしている。(Impress Watch)

はじめタイトルを見たときはかなり驚いた。ついにGoogleはメールの内容まで解析して、「後悔しやすい内容」と判断されたメールにアラートを出す機能を開発したのか、と。

しかし…実際に開発されたのは「Mail Goggles」と呼ばれる機能で、この機能を有効にしていると、メールを送信時に本当にそのメールを送りたいのかどうかの確認、また心理状態が正常かどうかを判断するための簡単な計算問題などが表示されるとのこと。

■メールで破綻する人間関係

確かにこの機能は「メール送信前に沸騰した頭を冷やし我に返させる」ためには一定の効果がある気がする。この新機能によって本当に「後悔するメール」の送信を防ぐことができるかもしれない。

感情に任せたメールの破壊力は凄まじい。まさしく「ディープインパクト」と言ってもよいくらい、人間関係の何もかもを木っ端微塵に粉砕しうる恐ろしいパワーを秘めている。かく言う私も感情的なメールの被害者にも加害者にもなったことがある。

被害者として甚大だったのが大学時代に所属していた組織の上司からのメールだ。詳しくは書けないが、一言でいえば罵倒以外の何物でもない代物だった。それを読んだ私はディスプレイの前で心拍数が上がり、怒りに手足が震えたのだった。数分後にはその組織を脱退する旨を書いたメールをその上司に送りつけていた。

加害者として甚大だったのはやはり恋愛関係のメールだ。私は彼女から予期せぬ別れ話をされた時の男ほど情けなくて弱い者はいないと思っているのだが、私も当然そういう経験はしてきた。これも詳しくは書かないのだが、救いようがないくらい幼稚で身勝手なメールをそういう時に送ってかえって崩壊を早めてしまったりした。そういうものだ。(違う?)

■メール内容解析は目前に迫っているか

このような感情的なメールを送信しないよう、全てのメールに「おいちょっと待て。頭冷やせって」と言ってくれる機能としてであれば、「Mail Googles」は全く問題ない。むしろ歓迎すべき機能だといえる。

しかしこれがもし、「おいちょっと待て。その内容はまずいだろ。頭冷やせって」という機能になったら怖いなということである。つまり、Googleが個々人の送るメールの内容を解析し、感情的な言葉を表わすキーワードや、「!」マークの数などから判断して、「正常な心理状態ではない」と判断されたメールにアラートが出る機能になったら怖いぞということだ。今のGoogleの技術力からすれば、この程度朝飯前のようにも思える。

メール内容の解析が行われるようになれば、本格的な監視社会が台頭することになる。テロリストのメール連絡を防ぐためなどと主張されるのであろうが、それによってプライバシーが失われるのは免れない。

そしてmixiやブログのログ解析ツールなどで、自分自身のネットでの行動を容易に他人に公開することに慣れている私たちは、メール内容解析くらい簡単に容認してしまいそうなのもまた恐ろしい。


posted by Tommy at 20:18| Comment(0) | ウェブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。